mail line scene

MAGAZINE読みもの

【現地レポート】アメリカのパーティーストアに行こう!①Party Supply House

TOPICS

こんにちは!アメリカ在住ライターの長谷川サツキです。

先日はアメリカ最大のパーティーストアチェーン店「Party City」に足を運び、バラエティ豊かなラインナップやバルーン購入する体験レポートをお届けしました。

【現地レポート】世界最大規模のパーティーストア「Party City」ってどんなところ?

しかし、アメリカには個性的なパーティーストアがまだまだあります。そこで今回は、オーナーたちのこだわりがキラリと光る地元のパーティーストアを、3回に渡ってご紹介したいと思います。

今日ご紹介するのは、「Party Supply House」というお店です。

店内に入ってまず目に飛び込んでくるのは、壁一面に飾られたおびただしい数のマスク・マスク・マスク!

歴代の大統領からモンスターまで、精巧なマスクが所狭しと吊り下げられています。ハロウィンの季節ではありませんでしたが、それなりに需要があるということなのでしょう。

店内の様子はこんな雰囲気です。通路は狭く、天井からもさまざまなアイテムが。ダンジョンを探検するような面白さがあります。

レジは、お店の中心にありました。ここから4方向へ通路が伸びる構造になっています。

ここはお店の目玉コーナーとなっている、バルーンカウンターです。このお店のアルミバルーンは定型のラウンドタイプがほとんどで、スーパーシェイプバルーンは取り扱っていないのだとか。写真右下には、バルーンの紐を結びつけて飾るバルーンホルダーが並びます。

ゴムバルーンはばら売りしているため、テーマに合わせて必要な分だけ購入することができます。

たくさんの帽子に、仮面舞踏会を思わせるマスク。かぶり物系のラインナップが豊富です。

キッズパーティーで人気の紙製くす玉「ピニャータ」もたくさんありました。

パーティーに欠かせないテーブルウェアやペーパーアイテムは、色別に陳列されていてきれいですね。

キャラクターケーキにチャレンジしたい人は、ユニークなケーキ型を使うのがおすすめ。生地を流し込んで焼くだけで、個性的なケーキが作れます。

ベビーシャワーやウェルカムベビー用のアイテムが並んだコーナーもありました。哺乳瓶型ケースは、お菓子を詰めてお土産にするのもおすすめです。

子供向けの小物や文具など、パーティーの景品やお土産に使えそうなグッズもたくさんあるので、子供の好みに合わせて選ぶことができます。

今回訪れたParty Supply Houseは、棚や壁、天井にぎっしりとパーティーアイテムを詰め込んだような陳列が印象的なお店でした。どこに何があるのかひと目で分かりにくいため欲しいものがなかなか見つからないという一面はありましたが、それがかえって宝探しのようで楽しかったです。写真では撮りきれませんでしたが、仮装グッズも豊富も揃っており、ハロウィンのシーズンに重宝されそうな品揃えでした。

以上、アメリカのパーティーストア取材レポート第1弾として、Party Supply Houseをご紹介しました。

以下の記事もあわせてご覧ください!

【現地レポート】アメリカのパーティーストアに行こう!②Party USA

【現地レポート】アメリカのパーティーストアに行こう!③番外編~Dollar Tree

 

記事中のテキスト・画像の無断転載・複製は固くお断りします。著作権について

キーワード
この記事をシェア

<取材・リポート> 長谷川 サツキ

ライター・翻訳者。在米15年目。筑波大学社会学類を卒業後、渡米。現地保険エージェントにてスーパーバイザーとして勤務。その後薬剤調合師の国家資格を取得し調合師としての勤務経験を経て、ライターへ転身。現在は米国生活、海外ルポ、子育て、ビジネス等をテーマに情報を発信。幼い子供がいるためパーティーを企画する機会が多く、アメリカのパーティー文化に造詣が深い。