アムスキャン

MAGAZINE読みもの

家族や親族が全員集合!アメリカのサンクスギビングデー

HOW TO

日本で親族が一堂に会する日といえば、やはりお正月ですよね。一方、アメリカで家族や親族が集まって祝う日といえば、「サンクスギビングデー」が有名です。ターキーを焼き、みんなでテーブルを囲んで楽しむこの日は、アメリカ人たちがとても大切にしているひととき。ホームパーティーの代表格ともいえる一大イベントなのです。

今回は、アメリカにおけるサンクスギビングデーの祝い方・過ごし方をまとめました。翌日のブラックフライデーについても合わせてご紹介します!

アメリカで最も有名な祝日「サンクスギビングデー」とは?

サンクスギビングデーとは、別名感謝祭とも呼ばれている、アメリカやカナダの祝日です。アメリカでは毎年11月の第4木曜日に行われ、ほとんどの会社は翌日の金曜日も休みになることから、この時期は週末を含め4連休となります。学校や大学は丸々1週間休みになる地域も多く、アメリカ人は毎年このホリデー期間を心待ちにしているのです。

サンクスギビングデーの起源は、1600年代に宗教的自由を求めてイギリスからアメリカに渡った入植者の一団ピルグリムが行ったのが始まりだといわれています。寒い冬、慣れない土地で満足な食べ物も収穫できず飢饉で苦しんでいたところ、先住民のネイティブアメリカンの助けによって無事冬を越せため、彼らへの感謝と収穫を祝って宴を開いたのだそうです。

現在のサンクスギビングデーの位置付けは、たくさんの親族や友人を招いて開く大規模なホームパーティーといった感じです。この時期は1年で最も多くの人が移動するといわれており、前日は高速道路や空港が大混雑。一方、サンクスギビングデー当日はみな家族や親族と家でゆっくり過ごすので、街は閑散とします。お店も閉店することが多く、サンクスギビングデーがアメリカ人にとっていかに重要かが分かります。

またサンクスギビングデーは「本格的な冬の始まり」ともいわれています。この後にクリスマスや年末年始を控えており、この時期からアメリカは大型ホリデーシーズン本番へと突入します。

アメリカのサンクスギビングデーの祝い方

実際のサンクスギビングデーでは、どのような祝い方をするのでしょうか?家での過ごし方やこの時期の定番イベントなどをご紹介します。

サンクスギビングデーはごちそう&スポーツ観戦!

サンクスギビングデーは親族に友人とたくさんのゲストが集まりますが、バースデーパーティーのようにゲームをしたりデコレーションケーキを食べたり、ということはしません。みんなでテーブルを囲んでごちそうを食べ、おしゃべりを楽しむのがメインイベントなのです。普段なかなか会えない人と近況を報告し合ったり、久しぶりに会った子供たちの成長を喜んだり。人とのつながりを大事にするアメリカ人らしい過ごし方といえるでしょう。

またこの日はテレビでアメリカンフットボールの試合を放映していることもあり、みんなでソファに座ってスポーツ観戦するのが定番、という家庭も多いです。

ママは大忙し!サンクスギビングデーの準備あれこれ

サンクスギビングデー当日は、料理、掃除、デコレーションとやることがたくさん。ママは朝からフル回転です。アメリカではインテリアにこだわる人が多く、この日のためにさまざまなアイテムを揃えて部屋中を美しく飾ります。秋のイベントですから、赤、黄、オレンジ、茶といったカラーをベースに、かぼちゃ、まつぼっくり、紅葉などをモチーフにした小物で季節感を演出。七面鳥のぬいぐるみや、かかしの置物で可愛らしくまとめる家庭もあります。

中でもごちそうの舞台となるダイニングテーブルは、ママの腕の見せどころ。美しいテーブルクロスやろうそくを配置し、素敵なデコレーションでゲストの気分を盛り上げます。

サンクスギビングデーにまつわる行事

サンクスギビングデーの名物イベントに、ホワイトハウスで行われる「ターキー・パードン」があります。この時期、七面鳥は多くの家庭のメインディッシュとなりますが、そんな七面鳥の中から大統領が2羽を選び恩赦を与える、という行事です。選ばれた幸運な2羽は名前を付けられ、サンクスギビングデー当日にメディアにお披露目された後、バージニア州でのんびりと余生を送ることになります。

巨大なアニメキャラクターのバルーンで知られる「メイシーズ・サンクスギビングデー・パレード」もこの時期の人気イベントです。有名百貨店メイシーズが主催するこのパレードは、今年で93回目。5階建てビルほどもあるバルーンたちが、ニューヨークのビルの間をすり抜けるようにして進む様子は圧巻です。パレードにはマーチングバンドやダンサーも加わり、毎年大いに盛り上がります。

サンクスギビングデー定番のごちそうメニュー

サンクスギビングデー最大のお楽しみといえば、テーブルにずらりと並ぶごちそうの数々です。日本ではあまり見かけない料理もあり、アメリカの伝統の味を堪能できます。今回は、数あるメニューの中から定番の料理を5つご紹介します。

・ローストターキー

ご存知サンクスギビングデーに必須のメインディッシュ、「七面鳥の丸焼き」です。小さめで約5キロ、大きいのは12キロ以上というビッグサイズですから、解凍するのも冷蔵庫で数日がかり。さらに塩やハーブで作ったブライン液に1日漬け込み、スタッフィングを仕込み、味付けしてからオーブンで数時間じっくり焼いていきます。簡単なようで、なんとも時間のかかる料理なのです。

出来上がったローストターキーを切り分けるのは、家長の男性の仕事。ターキーの肉汁で作ったグレービーソースやクランベリーソースをかけて食べます。ターキーのさ骨にあたるウィッシュボーンが見つかったら、願掛けの占いを。2人が骨の両端を持って折れるまで引っ張り合い、長く折れた方の骨を持っていたら願いが叶うといわれています。

・スタッフィング

スタッフィングとは、パンや野菜、ドライフルーツなどをターキーのお腹の中に詰めて焼く料理です。「ローストターキーといえばスタッフィング」といわれるほど、こちらもサンクスギビングデーの定番となっています。ターキーの旨味がしみ込んだスタッフィングは、しっとり柔らか。ハーブの香りが食欲をそそります。

スタッフィングは、家庭によってレシピが違います。サイコロ状に切ったパンに玉ねぎやセロリ、ハーブを加えて炒めたものを詰めるのがオーソドックスですが、ソーセージを加えたり、パンの代わりにお米を使ったりと、作り方はバラエティ豊かです。

・マッシュポテト

一見地味ですが、アメリカ人なら子供から大人まで誰もが好きなマッシュポテト。サンクスギビングデーでもターキーの名脇役として登場します。柔らかく蒸かしたじゃがいもに、バターやミルクをたっぷり加えて作るマッシュポテトは口当たりなめらか。グレービーソースをかけても美味しいです。じゃがいもをつぶすのが面倒という人のために、お湯を加えただけでできるインスタント・マッシュポテトもあります。

・グリーンビーンキャセロール

インゲン豆とマッシュルームをクリームソースで煮込み、オーブンで焼き上げたグリーンビーンキャセロールは、素朴な家庭の味が楽しめる一品です。味の決め手は、仕上げにたっぷりと乗せるフライドオニオン。サクサクしたフライドオニオンとクリーミーなソースの絶妙なハーモニーが楽しめます。野菜もたっぷり摂れる、ボリューム満点の料理です。

・パンプキンパイ、ピーカンパイ、アップルパイ

サンクスギビングデーのデザートには、パンプキンパイ、ピーカンパイ、アップルパイなど秋の味覚をふんだんに盛り込んだパイが並びます。アメリカのパンプキンパイは、シナモンやナツメグなどのスパイスをたっぷり使うので、日本人が食べるとちょっとびっくりするかもしれません。そしてピーカンパイは、コーンシロップとピーカンナッツで作ったとっても甘いパイ。甘いもの好きの方は、一度チャレンジしてみてはいかが?

翌日は「ブラックフライデー」のショッピングへ繰り出そう!

サンクスギビングデーの楽しみは、木曜日当日だけではありません。翌日の金曜日は、最近日本でも話題になっている「ブラックフライデー」。あらゆるショップがその年一番の大セールを行うため、家族親族総出でショッピングに繰り出すのが毎年の風物詩となっています。

この日、ショップはいつもよりも早く開店します。夜明け前からオープンするお店も多く、人々はお目当てのお店に長蛇の列を作ります。そして開店時間になりドアが開くと人々がどっとなだれ込み、お店の中はお祭り騒ぎに!商品の取り合いになることもあり、にぎやかなブラックフライデーの様子は毎年トップニュースとして放映されています。

オンラインショップが増えたことを受け、昨今では翌週の月曜日にオンラインショップが一斉にセールを行う「サイバーマンデー」も登場ました。この時期からクリスマス、年末年始とホリデーが続くため、アメリカでは好調な売上が続くこととなります。

まとめ

今回は、アメリカの秋の祝日「サンクスギビングデー」についてご紹介しました。親しい人たちとごちそうを囲み、ゆったりとおしゃべりを楽しむ。そして翌日には、みんなでショッピングに繰り出す。サンクスギビングデーは、アメリカ人にとって伝統ある、そして何より待ち遠しいホリデーなのです。

最近は、日本でもブラックフライデーを実施するお店が増えたことで、サンクスギビングデーという言葉もセットで聞かれるようになってきました。日本では秋冬のお買い物商戦としてブラックフライデーが定着しそうです。サンクスギビングデーはまだまだ馴染みの浅い文化ですが、家族や友人と集まって楽しむホームパーティーはいつでも楽しいものです。冬がすぐそこまで来ているこの季節、秋一色の飾りや季節のお料理を囲んで、親しい人たちとパーティーを開いてみてはいかがでしょうか?

参考・出典
History Channel
https://www.history.com/topics/thanksgiving

timeanddate.com
https://www.timeanddate.com/holidays/us/thanksgiving-day

Serious Eats
https://www.seriouseats.com/roundups/classic-thanksgiving-menu

キーワード
この記事をシェア