mail line scene

MAGAZINE読みもの

ヘリウムガス不足に対するアムスキャン・ジャパンの取り組み

TOPICS

パーティーに親しむアメリカ市民にとって、同国最大のリテールチェーン・Party Cityはバルーン購入先の定番です。そのため、ヘリウムガス不足についての報道では当社グループがたびたび取り上げられてきました。このような過熱報道を受け、Party Cityは2019年11月7日に発表された2019年第3四半期レポートにてこのテーマに触れ、ヘリウムガス不足に対する見解を次のように発表しています。

バルーンへの影響は“一時的な逆風”-James M. Harrison, Party City Holdco Inc. CEO

グループ最高経営責任者James M. Harrisonは「2019年はヘリウムガス不足の影響が感じられた」と述べつつも、「ヘリウムガス不足はあくまでも“一時的な逆風”にすぎず」、現在の需給タイトの状態は長くは続かないであろうことを示唆しました。

またHarrisonは次期のヘリウムガス供給元確保のアナウンスと共に、次のように述べています。「2019年の第4四半期開始以降は、(中略)ヘリウムガス不足がもたらす影響の緩和と、ヘリウムガス不足によって打撃を受けたバルーン販売の回復をもたらすでしょう」。

日本国内においても2020年上期には供給の改善を見込んでおります。

PARTY CITY ANNOUNCES THIRD QUARTER 2019 FINANCIAL RESULTS

ヘリウムガス不足に対するアムスキャン・ジャパンF&Cの取り組み

アムスキャン・ジャパンおよびAnagram Balloonでは、以下のような取り組みを通して世界的なヘリウムガス不足に対応してまいります。

・スーパーシェイプバルーンにはリボン吊り下げ穴を付属します

スーパーシェイプやオリジナルシェイプ等の新しい金型は、原則として商品の頭頂部または底部にリボン穴をお付けしています。ヘリウムガスを注入する以外にも、商品頭頂部にリボンを通してつるすことでバナーやバックドロップのディスプレイとしてのご利用が可能となり、バルーン活用の幅が今以上に広がります。

・スーパーシェイプの仕様を【業務用バルク】から【パッケージ】へ変更いたします

これまで大型のスーパーシェイプサイズはガスで浮遊させた状態で展示・販売する形態が主流であったため、業務用バルクでの販売を行ってまいりました。今後はヘリウムガスの要らないパッケージ仕様へと切り替え、フック什器での展示・販売へと対応してまいります。ヘリウムガスの消費を抑えつつ、華やかな売場陳列を実現いたします。なお今後は業務用バルクは御取り寄せのご要望に対応いたします。
 

・多彩なディスプレイのアイディアを発信いたします

バルーンガーランドやセンターピースの制作、壁を使ったディスプレイなど、ヘリウムガスを使用せずに楽しめるディスプレイアイディアをwebメディアを通して配信してまいります。

参考情報:米国Party Cityにおけるヘリウムガスのサービス内容

日本国内とは事情が異なりますが、参考までにご紹介いたします。
持込みバルーンに対して別途割高のヘリウムガス料金が掛かる点は日本も同じです。

Party Cityでは以下の通りヘリウムガスの注入サービスを提供しています。

①店舗または公式オンラインショップでバルーンを購入した場合、ヘリウムガス注入のサービスを提供しています。
②そのほか、有料にてヘリウムガス注入のサービスを提供しています。参考価格は以下の通りです。
・ゴム製バルーン:1個当たり/ $0.99~$2.3 
・アルミバルーン:1個当たり/ $1.99~$15(サイズによる)
③ご家庭でヘリウムガスを注入できる家庭用ヘリウムガスタンクも販売しています。

国内における持込み品の膨らましについては店舗により対応が異なります。
持込みを希望される方は事前の確認をおすすめします。

キーワード
この記事をシェア